« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月18日 (木)

未成年

 今日、やっと“未成年”を読み終わった。これも長編でした。ドストエフスキーは皆長編なのか?この小説も難しい!あらすじ自体はなんていうことはないと思う(もっとも、読み終わって解かったことだが!)が、帝政ロシア時代の社会制度、当時の世界的な(ヨーロッパの)革命前後の世相とロシアの革新的青年層の思想、さらに宗教が関係する。、そして登場人物の心理の変転とその描写の凄まじさ!実に難しい小説だった。今まで、こういう小説は読んだことはない(ドストエフスキー以外)。初めての体験であった。しかし、読み始めると、途中で止められない、なんとも不思議な魅力というか、魔力を持っている。が、ひとつの文章を何度読んでも、理解不能に陥ることも何度あったか!未だに、解からないまま終わってる。たった一行の文章が理解できないなんて!
 ところで、稲葉 稔のシリーズの“砥ぎ師人情始末(九)”が出ていたので、買い、早速読み始めた。やはり、読みやすい。2,3日で読み終わりそう。さらにどんどん書いてほしい。それにしても、藤原緋沙子はどうしているのか?シリーズ沢山あるのに、全然出てない。病気ではないか?体調崩してないのか心配だ。どのシリーズでもいい、早く書いてもらって、続きを読みたいと思っている今日この頃です。

 

| | コメント (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »