« 真夏の三溪園  1 | トップページ | 裁判傍聴・初体験記 »

2009年8月29日 (土)

真夏の三渓園  2

一週間おいて『外苑』中心に見学しました。天気はいいがウー
暑~い!
画像クリックしてください。大きくなります。

Rimg0049
旧燈明寺本堂 京都相良郡加茂町 にあった日蓮宗の寺院
。聖武天皇の勅願によって天平7年(735年)に開創された。
室町初期の様式だという。
Rimg0064_2
Rimg0053_2
三溪そば 準備中です。
Rimg0065
旧矢箆原家(合掌造り・岐阜県白川郷より移築)
御母衣ダム建設で水没するためこちらに移築されました。
江戸時代の庄屋の家。

Rimg0066_2
Rimg0091_2
来客用の玄関。代官が泊まるのでそちらは書院造りです。
一階の半分近くが代官様(?)用で書院造りで、欄間も凝って
珍しい模様です。
Rimg0067_2
Rimg0074
Rimg0075_2
欄間も凝ってます。
Rimg00681
山奥なのに錨と櫂の欄間。とても珍しいそうです。
海にあこがれてとか、連想する水から、火を出さないよう
戒めているとかいろいろな説があるようです(ボランティア・
ガイドさんによる)

Rimg00701_2
Rimg00721_2
一階のもう半分はここで生活していた人たちの居住部分です。
板張りの部屋が多い。冬は床下から深深と冷えてきたのでは?

囲炉裏は毎日薪がくべられています。
出る煙が害虫除けとヤニで柱や梁を縛っている縄を丈夫にする
意味もあるそうです。熱さと煙で係の人は大変です。
重要文化財なので、火を焚くことに当局からクレームがつき
理解してもらうのがたいへんだとも。
ご苦労様です。
Rimg00781_2
Rimg02251
二階に上がってみます。
Rimg00861_2
Rimg00891

Rimg00881_3
中は民芸館のように展示してます。
Rimg02161
Rimg02171
お歯黒用の道具です。女性の団体が来るとここで
喧々諤々となるとか!
Rimg02191


旧東慶寺仏殿(鎌倉東慶寺にあった禅宗様の建物)
台座しかありません。この台座も、もともとここのではないとか。

Rimg0101_2
Rimg0098
横笛庵
Rimg0102 
Rimg0104_2
Rimg0107_2
Rimg0108_2
茅葺の屋根の頭頂部に植物を植えつけるのを『芝棟
というそうです。ここはイチハツ(アヤメ科 )の花が植えてあり
初夏の一時期、髪飾りをつけた清楚な女性を連想させた
ことだろうという。
Rimg0110_2
寒霞橋
Rimg0113
臥竜梅
Rimg0115
Rimg0116
Rimg0117
三重塔への登り口
Rimg0119
旧燈明寺三重塔。京都燈明寺にあったもの。1457年建築。
Rimg0131
Rimg0140
Rimg0124
高台にあるので眺めがいいです。
Rimg0129
茶屋でお昼です。
Rimg0142
冷やし中華で腹ごしらえ。美味しそうでしょう。
Rimg0145
Rimg0179
池で子供たちが鯉にえさをやってました。
Rimg0185
旧天瑞寺寿塔覆堂(豊臣秀吉が京都・大徳寺内に母の
長寿を祝って建てた寿塔の覆堂だそうです。1591年建築)
Rimg0163


四十年ぶりに行ってきた三渓園、こんなに見どころが沢山あり
美しいところとは思いもしませんでした。毎月行事があるようです。
紅葉の時期にまた来たいと想いつつ帰途につきました。

|

« 真夏の三溪園  1 | トップページ | 裁判傍聴・初体験記 »

コメント

こんばんは~ウッテカエシさま

まぁ~広大なところなのですね!
知らないことだらけでしたぁlovely
他府県から移された建物が多いのですね~
なんか日本の原風景を見るような
建物の風情、
欄間も変わってますね!
横笛庵~何故かしんみりしました。
芝棟~初めて知りました。
臥竜梅の木の枝ぶりホント竜を思わせ
ますね。
立派な3重の塔~宮大工の粋が惜しみなく
発揮されてますね。
お歯黒の道具私も見てみたいですぅ。
相当高台まで上がられたのですね~
そうそう~この暑い時期に暖炉の火の守り人
は大変でしょうねぇ~
大きな池に沢山の鯉、いいですねぇ
そんなところで頂く、冷やし中華さぞ
美味しかったことでしょうdelicious
私は行くことの出来ないところを
こうして見せていただき感謝ですm(__)m

今選挙速報に釘ずけで~す。やっぱり~
予想通りの展開ですね。

投稿: つれづれに | 2009年8月30日 (日) 午後 09時28分

ウッテガエシさん、初めてお邪魔しました。

いつも私のブログにいらして頂いて、ありがとうございました。

「三渓園」私も去年の秋に、初めて行ったのですが、その時でも春、秋の二回しか建造物の内覧は出来ないそうですが、外から内覧だけでもみられたのはラッキーと思っていました。

私の「三渓園」のブログです。

http://blog.goo.ne.jp/rassi-cyann/e/d286522419f6a8ff4d8b16deaad7e4b5#comment-list

ウッテガエシさんは「横浜開港150周年記念企画」で全部の建造物の内部の見学が出来るなんて、凄いチャンスでしたね。

あれだけの建物の内部を、一つ一つ見るのでは二日かけても忙しかったのでは・・・

私達は時間の都合上、ざっと見ただけですが、ウッテガエシさんの写真で、詳しく見る事が出来感謝です。

投稿: ラッシーママ | 2009年8月31日 (月) 午後 10時10分

ラッシーママ様
40年ぶりの三渓園でした。
あんなにたくさん、魅力的な古建築が
あるとは思いもしませんでした。

ラッシーママさんの記事拝見しました。
紅葉の三渓園の写真、とても綺麗でした。
それを拝見して、秋にはまた行ってみようと思ってます。

コメント有り難うございました。
またそちらにお邪魔します。

投稿: ウッテガエシ | 2009年9月 1日 (火) 午後 08時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 真夏の三溪園  1 | トップページ | 裁判傍聴・初体験記 »