« 今年のひらつか囲碁まつり 1000面打ち大会 | トップページ | 秋のバラと季節の花 »

2009年10月21日 (水)

小江戸川越

小江戸川越の川越氷川祭りの山車行事。2日目(10月18日)の山車の揃い曳きと夜の曳っかわせは素晴らしいものでした。

昼ごろ川越駅着。凄い人です。
市役所前に町内の山車が巡行し、川越市の山車と曳っかわせを行う。で、市役所へと中央通りを行く。道の両側の屋台の多さに驚く。関東中のテキヤが揃ったのではないかと思うほど。祭り囃子にうきうきし、見ると道の両側に小さな舞台があり、獅子やひょっとこがコミカルに踊っている。

(画像をクリックして下さい。)

Photo_22
Photo_2
Photo_3

眠っている獅子の頭をたたき、からかっている。ひょうきんなしぐさと
かけあいで笑わせます。
Photo_4

市役所方面に向かうのでしょうか。新富町二丁目の鏡獅子の山車
出動!
Jpg
山車の上部はエレベーター式に迫り上がり、更に人形(御神像)も
迫り上がります。結構な高さになります。
Photo_23
山車を出すときは前方で引っ張るだけでなく、バールのようなもので車輪を 押してもいます。街角を曲がるときも、車輪の下に入れ角度をつけます。その時、凄い音がします。山車の重さが感じられます。
Photo_24

牛若丸の山車。元町一丁目の山車です。
Photo_6 Photo_7

弁慶の山車もありました。志多町の山車、蔵造りの街並みを行く。
Photo_26

前方を新富町一丁目の家光の山車が行く。
Photo_8

川越といえばこの時の鐘。まさにシンボルです。今でも1日4回
鐘の音が響きます。
Photo_9

市役所前で曳っかわせを見ました。曳っかわせとは四つ角で他町の山車と出会うと囃子台をお互いに正面に向け囃子、踊りを競い合うこと。

仙波町の仙波二郎の山車が来ました。
Photo_11

こちらは川越市の山車。ここにいすわってます。
Photo_12

仙波町の仙波二郎の山車と南通町の一本柱万度型の山車。

Photo

新富町二丁目の鏡獅子と仙波町の仙波二郎の山車。
Photo_2

新富町二丁目の鏡獅子の御神像。
Photo_27 

川越市の猩々の山車と菅原町の菅原道真の山車。
Photo_3

菅原町の御神像の道真公。
Photo_25

曳っかわせに勝ち負けはないそうです。が、3台もの山車がかち合うと踊りも囃子も張り切りこちらも興奮してきます。山車も台座の上の舞台が360度回転し、お互い向き合って  競い合い、見ているこちらも大喜びです。
川越市の山車。猩々の山車です。
Photo_21
綺麗な女性発見…。思わずパチリ…
Photo_19 

クライマックスは夜だそうで、それまで市内見物。氷川神社前で山車が奉納の踊り(?)をしてました。
Photo_6
氷川神社を出発!右の小舞台の獅子舞の獅子と子供が…
Photo_17

門前で小舞台上の獅子舞と戯れる子供たち。
Photo_7
Photo_8

次第に暗くなり提灯に灯が灯ります。夜の巡行は幻想的。
幸町の翁の山車です。
Photo_14
Photo_9
夜の曳っかわせ 祭りは最高潮です。
Photo_10
Photo_13

Photo_11
お祭では子供たちも大活躍。
Photo_12

川越市の山車は17日・18日の両日出ていましたが、各町の山車は
それぞれ9台ずつ巡行しており、今年出てない山車が10台あるそうです。
つまり蔵の街並みを曳く山車は全部で29台になる。全ての山車が勢ぞろいする大祭は十年に一回ほどあるそうです。
あっちこちで曳っかわせが行われているんでしょうね。


 

|

« 今年のひらつか囲碁まつり 1000面打ち大会 | トップページ | 秋のバラと季節の花 »

コメント

こんばんは~ウッテカエシさま~♪

川越氷川祭りの山車行事
凄いですねぇ~人ごみの中きれいに撮られて
いて素敵ですぅ。
各町内会特徴のある山車~京都の祇園祭
にでる山鉾と似てますねぇ~
人ひとでとてもカメラには収められないと
思います。

またいろいろの面をつけてるのも面白いですね。
川越のシンボルの塔、今でも現役なのですね
歴史を感じますねぇ~
素敵な画像をありがとうございました。

投稿: つれづれに | 2009年10月21日 (水) 午後 09時16分

こんばんは つれづれにさま
蔵の街並みの川越、一度行きたかったのですが、まさかこうゆうお祭があるとは思いもしませんでした。
横浜より歴史がある街と思いました。

静かな街並みをゆっくり楽しみに、別の日にもう一度行きたいと思いました。


コメント有り難うございました。

投稿: ウッテガエシ | 2009年10月21日 (水) 午後 10時41分

ウッテガエシ様、こんにちわ!

川越にこんなお祭りがあったのですか?
初めて知りました。

NHK朝の蓮ドラ、場所は川越でしたが、余りの現実放れした内容にバカバカしくて見てられませんでした。
川越をバカにしてるようで・・・

前から一度、川越には行って見たいと思って
いたのですが、こんなに素晴らしいお祭りが
あったのでは、尚行きたくなりました。

行かずに素晴らしいお祭り、見せて頂きました。

投稿: ラッシーママ | 2009年10月22日 (木) 午後 01時16分

こんばんは ラッシーママさま

“蔵造りの街並み”の川越には前から行きたいと思っていたのですが、日帰りでは乗り継ぎが面倒くさそう、泊まるには近すぎる(?)感じで行きそびれていました。が、お祭があるのを知り、かみさんと行って来ました。
川越駅でパンフレット貰いましたが実に立派でした。そして歴史ある街と認識しました。勿論山車の巡行も素晴しいものでした。
いつか、静かな時期にまた行ってみたいと思わせるところでした。
コメント有り難うございました。

投稿: ウッテガエシ | 2009年10月22日 (木) 午後 08時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今年のひらつか囲碁まつり 1000面打ち大会 | トップページ | 秋のバラと季節の花 »