« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月30日 (日)

生田緑地ばら苑

生田緑地は多摩丘陵の一角に位置する川崎市内最大の緑の宝庫です。岡本太郎美術館、日本民家園、青少年科学館、枡形山展望台(枡形城址)、菖蒲園などの施設が美しい自然を背景に設置されています。また、旧向ヶ丘遊園の閉園に伴い、引継いだ「ばら苑」を開花時期に合わせて、春と秋の年2回一般開放しています。(生田緑地ばら苑のパンフから)。

5月22日午後、一人で行ってきました。
小田急・向ヶ丘遊園駅を降りて、かっての向ヶ丘遊園の記憶が呼び覚まされました。
駅前からモノレールがあったと思いましたが撤去されたようです。
バラはこの日が最盛だったようです。

28日の朝刊を見てカミサンが興味を示し、今度は二人で行きましたが
ほとんどのバラが盛りを過ぎていました。
バラ苑から緑林の中のハイキングコースを歩き、森林浴を満喫しました。

階段を上ると眼前にバラの花園が…

まさに今満開でした(22日)

<

約530種、 4,700株のバラがあるそうです。

<
<ジョン F ケネディ
<
<
<
<
<
<
<
<
<
<

こんなに素晴らしいばら苑ですが、入園料無料!

<
<ブログに載せるのかな?
<
<
<
<
<
<
<
<
<
<

枡形山頂への道はヒンヤリとして気持ちよく、森林浴を楽しめました。

枡形山頂(枡形城址)にある神社のような展望台からの眺めはすばらしいものです。そして生田緑地の広大さが良くわかりました。

<

川崎市立日本民家園、岡本太郎美術館は昔行きました。で、今回は割愛。
青少年科学館前に展示保存されている旧型客車のなかでしばし休憩。
二人ともす~っと寝てしまいました。

<

(Sakuraさんのソースをお借りしています)

| | コメント (11)

2010年5月17日 (月)

富士山と芝桜と

富士山と芝桜をいっぺんに楽しめる“富士芝桜まつり”に行きました。
5月16日(日)。
「あしかがフラワーパーク」の藤にするか、河口湖の(というよりは本栖湖のそば)芝桜にするか迷った末に、
「富士山を近くで見たい」というのでこちらに…。
相鉄、小田急を乗り継ぎ、JR横浜線で八王子駅へ。ここで“ホリデー快速河口湖1号”に。
新宿と河口湖を直通運転。富士急の運行だったんですね。

自由席は以外にも空いていました。
高尾駅でたくさん乗ってきましたが、立っている人はいません。
相模湖や上野原で降りるのは登山の人ばかりでした。

“ホリデー快速河口湖1号”の車内…椅子は快適です。

Rimg0020

車窓から…奥、右が扇山、左が百蔵山。 以前、2山縦走しました。
一日歩くのにちょうどよい距離でした。 (中央本線猿橋駅手前)
Rimg0031

大月駅
Rimg0040

大月駅までは快調でした。ここからは富士急の路線になります。
単線なんでしょうか、“快速”なのに実にのんびり走ってくれました。
富士山が顔を出してくれました。 雲がすっきり取れてくれーっと
願ってましたが…。願いが届くか、どーか…。
Rimg0043

富士急ハイランドは駅のすぐ前。長女が小学生の時に来ました。
ビックリハウスで「落ちる、落ちるぅ~」と泣き叫び、
男の子が「大丈夫だよ、、周りの壁が動いているだけで、いすは動いてないから」と慰めてくれた事を思い出しました。
あの時、私も椅子から転げ落ちそうで、足を踏ん張っていました。
錯覚なんですが、大人もヒッカカリマス…(笑)。
Rimg0044

河口湖駅着。記念にカメラを向けるのは私だけではないようでよかったぁ。 フゥー (相変わらずカメラが下手で…)

Rimg0046 

河口湖駅
Rimg0049

ここからバスに乗り換え 。“芝桜まつり会場”への道路は凄い渋滞で、バスは西湖を回って、大きく迂回した。
こちらは全然車が走ってない。しかし随分走ったが、まだぁー?
会場から2km手前の合流地点で渋滞に巻き込まれ、ウンザリ。
マイカーの駐車場入口を過ぎてやっと走り出したが、すぐバスの駐車場でした。
11時ごろ出て、12時45分ごろ着。ず~と立ちっぱなしでした。
疲れたよォ~(泣)
観光バスもたくさん来ています。
Photo
やっと中へ入れました。
竜神池とピンクの芝桜、その向うに富士山!
それを求めてきたのに富士山はどこだぁ~?

Rimg0052

“富士芝桜まつり”は今年で3年目だそうです。植え付け面積約2.4ha、約70万株の群生。首都圏最大級をうたっています。
赤・紅・白・桃など5種類の芝桜が大地に絨緞を織りなしています。
芝桜、六分咲きです。ネットで知っていましたが…。
もう何日か経てば緑も減って、更に素晴らしいのでは…。
Rimg0053
Rimg0054
Rimg0056
Rimg0058
Rimg0059
Rimg0062
Rimg0063
Rimg0064
Rimg0065
Rimg0068
Rimg0069
ここでは赤、ピンク白など5種類の芝桜が植えられています。
これは花弁の周りが白い“多摩の流れ”という芝桜です。他の4種は撮りわすれました。
Rimg0071
“富士山うまいものフェスタ”もやってます。富士山周辺の名物“うまいもの”を集めたそうです。
が、ネットでクチコミ見た時、「なにも具のない焼きそばが600円で高い」とあったので、お弁当とおにぎりを買ってもってきました。
何があるのか、美味いのかわかりません。
豚汁(400円)を買い、持ってきたおにぎりとで昼食です。
Rimg0085

ここにいる間、富士山は顔を出してくれませんでした。誰か普段行いの悪いのがいたのか? 誰だァ~?

展望広場に撮影スポットの舞台(高さ4m幅20m)があります。
人数制限していてナガーイ行列です。で、乗るのは割愛…。
Rimg0072

来る時のバスの乗車時間に恐れをなし、早めに帰路に。

出口へ向かいます。
Rimg0073
Rimg0090
上の写真はこのミニ展望櫓?から
Rimg0092
河口湖駅へのバスから。“まつり会場”方向の道路はまだ大渋滞です。

Rimg0097
途中には富岳風穴や鳴沢氷穴、野鳥の森など面白そうなところがあるが…。
こんな道路事情ではママなりません。

Rimg0099
河口湖駅に着き、大月行きが出るまで一休み。  
大月までこの電車です。年季の入った車両ですが“快速”です。
Rimg0108

出発を待っていると特急電車が入ってきました。富士急行の、フジサン特急!
先頭車両は展望車になってるようでした。この時間でもまだ来る人が…。芝桜を見に来た人とは限りませんが。一泊するんでしょうね、きっと。
Rimg0111

帰りのバスや電車の車窓から時々富士山が見えました。
誰か普段、行いの悪いのいたんでしょうね、きっと。

| | コメント (12)

2010年5月 5日 (水)

微笑みがいっぱい

横浜に生まれ育って、ン10年。生まれて初めて(?)「横浜開港みなと祭」を生でみました。 遅く行ったので途中からですが…一部を…。
伊勢佐木町の商店街。イセザキ・モール
“ザ よこはま パレード”…は、 ハツラツとして、微笑みがいっぱい 。
女性のための女性のパレードでしたね…感想は。

ガランチード… ブラジルに生きた日系人たちの苦闘を描いた物語
サンバで一気に盛り上がります
(クリックすると大きくなります)

Photo

恥じらい?の表情がナントも…
Photo_20

ハツラツとして自信に満ちて

Photo_21
女性の観客にも微笑が…

Photo_22

ちょっとお腹が…   

Photo_23

やはりサンバチームは凄い人気でした

Photo_24

で、男の役割は…ン、ジミィ~やないけぃ~・・・(笑)
Photo_37

バトンの女性の表情たるや!こちらも気分よくなる 

Photo_25

横浜ベイスターズ&TBSのチィアーガールズ?こんなに綺麗な応援団いるんだからもっとガンバレって言いたいですね、ホントに!


Photo_26
Photo_27
Photo_28
フロート上の笑顔
Photo_31

永田半蔵囃子  よくわかりません

Photo_34

笛吹き童子…か?  ちょっと古いね
Photo_35

暑いしもう疲れちゃった~  
Photo_32

琉球國祭り太鼓 凄いピンボケ・・・(泣)
Photo_33

日大高校中学校吹奏楽部
Photo_36
男軍団? いや、 やっぱり主役は女性みたいです
Photo_38

横浜といえば中華街 会社も中華街にあったので懐かしい
Photo_39

アンデスの民族衣装で  横浜港からは沢山南米に移民が行きました
Photo_40

シャッターチャンスを逃し、後姿を撮るはめに… (アンデス村祭り隊)

Photo_41
横浜市立金沢高校バトントワリング

Photo_42

目の前で実技を披露してくれました。 夏の高校野球県大会でも来るんなら、見に行こうかなぁ~

Photo_43
横浜の土産と言えば崎陽軒のシュウマイ…が、定番?
シャッターが下りず、これはフロートの後部です
Photo_44

崎陽軒の職員でしょうか…ご苦労様です
Photo_45
トリは横浜市消防音楽隊です。 やっぱりプロ(?)ですね 
一糸乱れず凄いもんです
Photo_46

Photo_47

移動する被写体を写す難しさ、よーく体験しました。シャッターが下りない、下りたときにはもう先に行ってしまっていた…泣きが入りました、今回は…(笑)。
おまけのイセザキ・モール
Photo_48

| | コメント (12)

2010年5月 2日 (日)

新緑の円覚寺

 北鎌倉の古刹・円覚寺(えんがくじ・鎌倉五山の第二位)の国宝・舎利殿の屋根の修繕工事が終わり、公開されています。(5/1日~5日)
屋根の修繕は17年ぶりで、杮葺(こけらぶき)の屋根の黄金色の輝きはふき替え直後のみ見れる光景です。
円覚寺には何回も来ているが、舎利殿は初めて拝観できました。
天気もよく、新緑の中、光り輝く屋根だったのですが、その素晴らしさをうまく捉えることが出来たかどうか…?

三門への石段

Photo_4
三門

Photo_5
三門の梁の彫刻

Photo_7

仏殿へ 新緑が眩しい

Photo_6

仏殿
Photo_8
仏殿の中 

Photo_9
仏殿の隣り(西側)にある選仏場(座禅場です。薬師如来が安置されています。)

Photo_10
隣にある居士林(在家修行者の為の座禅道場)の前で外人さんのカップルがツツジにカメラを向けていました。

Photo_11

別の角度から
Photo_12

新緑の中、仏殿ふりかえるPhoto_13

舎利殿への道

Photo

屋根が見えました。普段はここまでも近づけなかったと思うが…。
日光に照らされて屋根ばかり、輝いているようでした。

Photo_2

たくさんの人の列に並び、外塀の入口から望み(中へは入れません)
カメラのシャッターをおしました

Photo_3

Photo_6
屋根瓦に円覚寺の文字が…
Photo_7

舎利殿まえで
Photo_8
Photo_9

円覚寺境内は広い。春の花に包まれ、舎利殿と新緑で充分満足です。
境内のモミジの樹にヤマガラでしょうか?すぐ近くまで来て、まるで「写してぇ~」っていわんばかり…。
Photo_12
Photo_13

新緑の中、新装の舎利殿を初めて拝観でき、おまけにヤマガラ?
の写真もゲットして、気分のよい一日でした。
北鎌倉駅 いつまでも変わらないで欲しいですね、ここは…
Photo_14

| | コメント (8)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »