« 生田緑地ばら苑 | トップページ | 清澄公園と清澄庭園 »

2010年6月13日 (日)

深川

深川を歩いてきました。第二回深川芭蕉まつりの最終日。(6/6)
江東区芭蕉記念館での講演会には間に合わず、芭蕉通りでのイベントの八名川小学校合唱チームによる、本場の(?)“春”を聞き、深川北部史跡ガイドツアーに参加しました。芭蕉と深川との係わり、史跡をツアーガイドさんの案内で楽しく知ることができ、有意義な一日を過ごしました。
八名川小合唱チームの合唱

Photo

Photo_2

芭蕉通りは模擬店がいっぱいでした。ここだけ見ると芭蕉とは関係ないような…。
Photo_3

深川北部史跡ガイドツアー
まず芭蕉記念館へ

屋根は 芭蕉が旅をした時の蓑傘をイメージしているとか
Photo_4

記念館にある祠 芭蕉堂。 1943年10月12日に建てられた。その日は芭蕉の250回忌。
堂内には石の芭蕉像が安置されています。芭蕉遺愛の「石の蛙」も
ここに安置されていたが、今は記念館2階の展示ケースに移されている。
Photo_5
芭蕉記念館の裏木戸を抜けると隅田川テラスに出ます。そこには「大川端芭蕉句選」のプレートがある。

ボランティアガイドさんが「このハイ9(俳句)碑、幾つあると思いますか?」
と“”を強調して訊きました。で、わかりますよねぇ~。九つです。
Rimg0080
芭蕉史跡展望庭園の芭蕉像。 4時30分閉館後、なんとこの芭蕉像、午後5時清洲橋方向へ90度回転します。隅田川を往来する観光船や屋形船に配慮したものだそうです。翌朝には元に戻ってるそうです。

Rimg0100
(上の2枚の画像は以前のものです。)
芭蕉稲荷、小名木川を過ぎ横綱通りに。お相撲さんが自転車乗ってるのに会えます。
話題になった北の湖部屋
Photo_6
ワカメでも昆布でもありません。フンドシです。まわしと言うべきか。
Photo_7
こちらは錣山部屋(しころやまべや)。あのカッコいい寺尾が親方。
Photo_8

芭蕉ゆかりの臨川寺境内の石碑。臨川寺は住職の仏頂禅師と親交厚く、参禅に通ったお寺。
芭蕉の偉業を記した墨直しの碑は、京都双林寺の筆跡を写したもの。芭蕉由緒塚の碑は、芭蕉がこの臨川寺に、朝夕参禅した事や墨直しの碑の由来を記したもの。両碑とも戦災により破損、近年再建された。
Photo_9
臨川寺の隣りの細い路地にこんな石碑が…。
「明人呂一官先生菩提所」の記してありました。
呂一官は明国の漢方医で家康の侍医。1615(元和元年 )江戸日本橋で紅、白粉、香油を製造販売。あのポマードの“柳屋”の初代です。
Photo_11
清澄庭園を左に清澄公園を右に見て、通りを進みます。
清澄庭園の入口。  ツアーでは中には入りませんでした。
清澄庭園については別の機会に詳しく…。
Photo_12
隣りの清澄公園
Photo_13
隣に深川図書館。明治42年にできた東京市2番目の市立図書館。がっしりした正面玄関、螺旋階段、ステンドグラス等立派な図書館です。
Photo_14
Photo_15

仙台掘川に架かる海辺橋を渡る。
Photo_16
海辺橋際にある採荼庵(さいとあん)跡にある芭蕉像と一緒に記念撮影。後ろの建物はなんとプレハブ。ガイドさんも恐縮しきり。
採荼庵は芭蕉の弟子の杉山杉風の庵。杉風は幕府御用商人の魚屋で芭蕉のパトロン。芭蕉はこの採荼庵から「奥の細道」の旅に出ました。

Photo_17

ここでツアーは終了。私は一行と別れ、来た道を後戻り。
ゆっくり写真を撮りに。

|

« 生田緑地ばら苑 | トップページ | 清澄公園と清澄庭園 »

コメント

こんにちは!
 ガイドさんと、ご一緒に参加されたご様子ですが、改めて説明をして頂けると、新しい発見が有り嬉しいですよね。。
 
 子供さんの合唱チーム、可愛いですね。(*^。^*)
 芭蕉記念館は、未だ行った事が有りませんが、
 >屋根は 芭蕉が旅をした時の蓑傘をイメージしているとか
 な~る~~ほどねぇ~~。。(*^。^*)
 >ワカメでも昆布でもありません。フンドシです。まわしと言うべきか。
 人目に、この様に干しているのですか?
 ちょっと、びっくりです。。(@_@)
 路地には、石碑もありユックリと散策がしたいです。。。
 最後のお写真には、ウッテガエシ さんは映っていませんよね。
 (カメラマンですよね~~)

 今日は、ウッテガエシ さんと一緒に散策させて頂き有難う御座いました。^^)

投稿: みっちゃん | 2010年6月13日 (日) 午前 10時28分

(◎´∀`)ノこんばんは~ウッテカエシさま~♪

深川って芭蕉所縁の地なのですねぇ~
いろいろ碑があって散策楽しめますね。

合唱隊子供たちなのですねぇ~かわいい^^

芭蕉堂~芭蕉が被っていた蓑傘を形造っているのですか!
方向がかわる芭蕉像も珍しいですね。

相撲部屋もあるのですね~まわし(笑)
すごいー沢山昆布を干してるようですぅ^^
知らないところをいろいろ見せて頂きました。
ありがとうございました。

投稿: つれづれに | 2010年6月13日 (日) 午後 09時11分

こんばんは みっちゃんさま

コメント、有り難うございます。
「深川芭蕉まつり」はこの地区の人たちが地元の芭蕉師を手がかりに、地区の住民の懇親的意味合いが強いお祭りでした。
ちょっとガッカリ。
史跡ガイドツアーはよかったですが…。

メモをとらなかったので後から記事にするのに大変でした。

投稿: ウッテガエシ | 2010年6月13日 (日) 午後 09時17分

ウッテガエシ様、 こんばんわ^^♪

史跡ガイドツアーに参加されたのですね。
以前案内して下さったところと違うところに行かれたようですねo(*^▽^*)o

「ガイド付き」ツアー、羨ましいですが・・・
画像でご一緒させて頂いたようです。
お天気にも恵まれ、当時のファッションのステキな
お嬢様も同行で楽しい1日でしたね(o^-^o)

投稿: コミミちゃん | 2010年6月13日 (日) 午後 09時39分

こんばんは つれづれにさま

コメント、有り難うございます。
松尾芭蕉は深川に草庵をたて俳諧の門人を養成しました。
仙台掘川の袂の採荼庵(実際の場所はちょっと違うようです)から船で隅田川をのぼり、千住の宿へ出て、「奥の細道」の旅が始まったそうです。
分館の史跡展望公園の芭蕉像はライトアップされ、隅田川を通る観光船や屋形船にサービスの為、90度動くそうです。
北の湖部屋のマワシ、ちょっといただけないですよね。

投稿: ウッテガエシ | 2010年6月13日 (日) 午後 11時20分

こんばんは コミミちゃんさま
コメント、有り難うございます。

以前、「三渓園」の時にも思ったのですが、ボランティアガイドの方はよく勉強していますね。
一人ならまず行かない細い路地に入ったりして、そこに歴史的石碑があったり…。
富岡八幡宮で、これも以前の話ですが、カップルがガイドさんに案内してもらってました。私も一緒にくっついてガイドさんの説明のおこぼれに預かった事あります(笑)。

全員、昼飯抜きで(12時過ぎにスタート)大変でした。

投稿: ウッテガエシ | 2010年6月13日 (日) 午後 11時37分

▼o・_・o▼

6月4日、前回の続きに隅田川に架かる橋をめぐるために・・
まずは前回見忘れた、芭蕉稲荷と史跡展望庭園を見て
そこから新大橋、両国橋、蔵前橋・・・白髭橋まで歩きました。残りは次回歩きます。
第二回深川芭蕉まつりの、のぼり旗は立っていましたが
平日のせいか何もやっていませんでした。
随分盛大なイベントなのですね。
近くに相撲部屋があるのも、清澄公園が近いのも知りませんでした。
また行かなくっちゃだわ~
いつもいろいろな所に案内していただいて゚・:,。★\(^-^ )♪ありがと♪( ^-^)/★,。・:・゚

投稿: suta | 2010年6月14日 (月) 午後 10時50分

こんばんは sutaさま
>6月4日、前回の続きに隅田川に架かる橋を…
ビックリです。日光街道やら成田山とか…凄い行動力!

深川芭蕉まつり、平日だったんですか。
あの通りに模擬店がずーと出ていました。
でも芭蕉に関するものはほんの一部。あの地区の住民の懇親会じゃないかと思った次第です。
お相撲さん、自転車乗っているのに結構出会いますよ。

清澄庭園は初めてですが都会のオアシスです。

ところで、サッカーもう始まってるんじゃないでしょうか…?
ここらで失礼(笑)。

投稿: ウッテガエシ | 2010年6月14日 (月) 午後 11時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 生田緑地ばら苑 | トップページ | 清澄公園と清澄庭園 »