« 深川 | トップページ | 蝉しぐれの丹沢・鍋割山稜 »

2010年6月13日 (日)

清澄公園と清澄庭園

清澄公園

関東大震災で崩壊した、庭園の西側に隣接する旧洋館跡及び庭池一帯だった旧清澄庭園敷地を購入、昭和49年より整備し昭和52年無料開園した。

傘のお化けか?“ゲゲゲ…”を見過ぎ…?

Photo

藤棚の下でさかんにラジコンカーを調整しているお相撲さん。
「何処が悪いの?」「エンジンから煙が出て、音が大きいんです。」
携帯で電話して聞いて、やっといい感じになったよう。
Photo_2
「なんて云う四股名なの?何部屋?」「安芸乃川です。高田川部屋です、3段目です。3年目で17歳です。先場所ですか?勝ち越しましたよ。」「ブログ?どうぞ載せて…」
Photo_3
今度は快調、 みんな遠巻きに見てます。
操縦のうまいこと!「レースに出た事ないけど興味はありますよ」
Photo_4
「来場所もガンバッテ下さい!」「有り難う…」
礼儀正しい好青年でした。早く上にあがってきてね。

清澄庭園
一説に江戸の豪商・紀伊國屋文左衛門の屋敷跡と言い伝えられています。
 明治11年、岩崎弥太郎が、荒廃していたこの邸地を買い取り、社員の慰安や貴賓を招待する場所として庭園造成を計画、明治13年に「深川親睦園」として一応の竣工をみました。弥太郎の亡きあとも造園工事は進められ、隅田川の水を引いた大泉水を造り、周囲には全国から取り寄せた名石を配して、明治の庭園を代表する「回遊式林泉庭園」が完成しました。
 清澄庭園は、関東大震災で大きな被害を受けましたが、この時図らずも災害時の避難場所としての役割を果たし、多数の人命を救いました。岩崎家では、こうした庭園の持つ防災機能を重視し、翌大正13年破損の少なかった東側半分(現庭園部分)を公園用地として東京市に寄付し、市ではこれを整備して昭和7年7月に公開しました。
(パンフレットより)

入ってすぐ

Photo_5

大正記念館(休憩所) ここも涼亭も有料で貸切利用できるようです。

Photo_7
その内部です。持参したお弁当を食べる人、居眠りする人。暑いこの日は嬉しい施設か…。
Photo_36

大磯渡り

Photo_6

カモに餌をあげる女の子。

Photo_8 

なにカモか?

Photo_9

日本各地の名石の数々
岩崎家が自社の船で全国から集めたものを園内に配置してある。
佐渡赤玉石

Photo_10

伊豆磯石

Photo_11

加賀真黒石

Photo_12

伊予青石

Photo_13

生駒石

Photo_22

Photo_14

磯渡り

Photo_15

着物の人も。お茶会でもあったのでしょうか?

Photo_35

数奇屋造りの涼亭 明治42年国賓として来日した英国のキッチナー元帥を迎える為岩崎家が建てたもの。

Photo_16
池を向いて座禅をしている。中にお坊さんもいました。

Photo_23

涼亭前の紫陽花、今は もっと色づいていることでしょう。
Photo_26

庭園の木の上に東京スカイツリーがちょっと見えてました。コンデジのズームを最大にして…。

Photo_17

自由広場の奥に花菖蒲田が2枚あります。もう一方は少ししか咲いていませんでしたが一週間前ですので、今頃は…。

Photo_18
Photo_25

傍にある芭蕉の句碑 あまりにも有名な句です。

Photo_20

柵の隣りは深川図書館
Photo_24

ぐるっと半周以上過ぎ、バックにビルが入らない庭園を写せました。


Photo_31

石橋

Photo_34

石橋を渡った先にカメラマンが4,5人。何を…?アオサギでした。

Photo_32 

Photo_29

Photo_33

だらだらと沢山画像載せました。
最後まで見てくれて有り難うございます。

Photo_37

|

« 深川 | トップページ | 蝉しぐれの丹沢・鍋割山稜 »

コメント

すばらしい公園や庭園ですね。こういうところを歩いたことがありませんので、いっしょに歩かせてもらいました。緑に囲まれ、あじさいも菖蒲もさわやかです。人々が上手に配置されていい雰囲気ですね。
時間とスタミナと周到な準備・・ウッテガエシさんのまねっこをして私がもし、名古屋へ出たとして・・さて・・名古屋城と徳川園しか知らないし・・・ウッテガエシさんの記事がヒントを与えてくれているのですけれど、時間はあってもスタミナがねぇ~~?
↓深川の記事の最後のところ・・ここでツアーは終了、私は一行と別れ来た道を後戻り・・ゆっくり写真を撮りに・・・・ここが いいなぁ~ と思ったのですよ。

投稿: どたさ | 2010年6月14日 (月) 午後 03時08分

こんばんは!
 清澄公園と清澄庭園へは、行った事が有りませんが、ウッテガエシさんとご一緒させて戴いた様で嬉しいです。
 お相撲さん、名前は知りませんが、これから頑張って欲しいですね。。
 大正記念館は、立派な建物ですね。。
 伊予青石・・・愛媛県でしょうか?
 私が住んでいる、西条市を流れている加茂川には、この様な大きな~~大きな~青石が、ゴロゴロと有ります。。
 我が地方では、お庭に多く利用されています。
 但し、誰でも採る事は出来ません。。(許可が要ります。)
 東京スカイツリーの近くなんですね。。
 紫陽花、花菖蒲が綺麗に咲いて、お庭を一層引き立てていますね。。
 アオサギが、良いですね。。

 今日は、素敵なご案内で、楽しませて頂きました。。 
 有難う御座いました。^^)

投稿: みっちゃん | 2010年6月14日 (月) 午後 07時45分

こんばんは どたささま

清澄庭園は近くを通ったこと何度もあったのですが、初めて入りました。
都会の中のオアシスでした。
写真についてはどたささんとは比べられないほどヘタクソですが、「人がいる景色」が好きで、人と風景を一緒に撮れればといつも思ってます。

周到な準備などしてません。「こうとう区報」を読んでいたからかも知れません。
横浜市民なのに「横浜市報」より読んでいるかも…(笑)。

写真撮りに戻ったのは、ツアー中、メモと写真をとる余裕がなく、忘れないうちにと思っただけです。
元来方向音痴で、細い路地は何処だったか、結局わからずじまいでした…(泣)。
コメント、有り難うございました。

投稿: ウッテガエシ | 2010年6月14日 (月) 午後 10時17分

こんばんは みっちゃんさま
コメント、有り難うございます。
公園の安芸乃川関に声をかけるのに30分位かかりました。お相撲さんだからといって、やたらカメラ向けるのはなんだし…。ラジコンカーに真剣だし…。隣りのベンチから見ているとき、彼が道具箱をひっくり返し、これはチャンスと思って細かいネジやらを一緒にひろってやりました。やっと話しのきっかけができた次第です(笑)。
ノートにサインしてもらおうとしたら、そこまで番付がいってないので出来ないと言われました。
そういう規則があるんですね。

清澄庭園は初めて入りました。
伊予青石、愛媛県のでしょうね。
名石(なんでしょうね、よくわかりません)、庭園内アチコチに沢山ありました。ほんの一部を纏めましたが。
一週間経っているので、今頃は紫陽花、結構色づいていると思います。
みっちゃんのようには紫陽花、撮れないです(泣)。
マエボケ、後ろボケ…全然無理、無理。

投稿: ウッテガエシ | 2010年6月14日 (月) 午後 11時03分

▼o・_・o▼

高田川部屋の安芸乃川、いい顔していますね~
近いうちに十両になるのでは?
現実に会うと応援したくなりますよね(がんばれ~)
清澄庭園も岩崎弥太郎さんですか
どんだけ金持ちなんだろう?
大磯渡り・・してみたいです♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪
各地の銘木って見かけますが、名石っていうのは
珍しいですね。
池に張り出した床、素敵です。
お能や舞などが行われたのでしょうか?
最後の蒼鷺が^(ノ゚ー゚)ノ☆スバラシイ・・(*゚ー゚)>
どの位待ったらこういう場面に出会えますか?

投稿: suta | 2010年6月15日 (火) 午前 06時45分

ウッテガエシ様、 お早うございます^^♪

アオサギ、お見事ですeye

清澄公園と清澄庭園へは、行った事が有りませんが、
季節の花に囲まれた都会のオアシスですねo(*^▽^*)o
ビルが写りこまないショットを探したウッテガエシさんに、拍手ヽ(´▽`)/

マガモとアオサギと。。。
ステキな日本庭園でカワちゃんは、いませんでしたか?

のんびりリラックスのご案内ありがとうございました。

投稿: コミミちゃん | 2010年6月15日 (火) 午前 07時42分

(◎´∀`)ノお早うございます~ウッテカエシさま~♪

清澄公園の時計台、時々見かけ有名ですね。

17歳安芸乃川力士~覚えておきますぅ~といっても
最近相撲嫌になってきてます。国技でありながら
(-_-)zzz

清澄庭園の素晴らしいこと( ^^) _U~~
さすが石の庭園といわれる由縁よくわかりました。
池に泳ぐのはマガモ♂と思われますが。
花菖蒲もすばらしいですねぇ~
着物姿しっくりとこのお庭にマッチしてますね!。
大磯渡りの石もすばらしい~

え!クロサギ!すご~い羽を広げて餌をゲットかしら
素晴らしい画像で楽しませて頂き有難うございました

投稿: つれづれに | 2010年6月15日 (火) 午前 11時17分

こんにちは、たくさん載せましたねー。
見ごたえ読み応え、たっぷりで面白かったですよ。

お相撲さんの日常に会えるなんて運がいいですよね。
ラジコンカーが小さく見えます(笑)。

アオサギの迫力ある画像に見いってしまいました。


投稿: えったん | 2010年6月15日 (火) 午前 11時57分

こんばんは sutaさま

安芸乃川さんと話しのきっかけをつかむのに苦労しました。周りに人がいましたが、珍しいものをみるように遠めに見ているばかり。
道具箱をひっくり返したので恩着せがましく拾うのを手伝ったりして…(笑)。
話してみて、向うが自然体なので何も気にすることなく話しかければ良かったかなとも思いました。
あそこに1時間ぐらいいました。
やはり何かの縁なので応援しようと思ってますが。

アオサギはたまたまいたんです。
全然動かず、置物かと思ったほど…(笑)。
獲物(小魚)を獲る時は俊敏でしたよ。
大体、空振りが多かったみたいです。

投稿: ウッテガエシ | 2010年6月16日 (水) 午後 10時16分

こんばんは コミミちゃんさま

清澄公園は初めてではありませんが、庭園には初めて入りました。
前から気にはなっていたんですが…。
アオサギ、人が傍によっても全然動かない。
魚を獲るのに集中してたんでしょうか…(笑)。
立派なカメラの人ばかりなんで、遠慮して後ろから撮ってました。
お見事・・・とコミミちゃんに誉められうれしです。
残念ながらカワちゃんは見れませんでした。
四十雀の鳴き声はアチコチで聞けましたが…。

投稿: ウッテガエシ | 2010年6月16日 (水) 午後 10時28分

つれづれにさま こんばんは

最近の相撲界の不祥事には困ったものですね。
地方興行などでは地元のそういう組織に任せたり、昔からの縁が強いので、きっぱり決別するのには勇気と忍耐が必要なんでしょうね。

安芸乃川関、覚えておいて下さい…(笑)。

日本各地の名石、沢山ありました。
何しろ九十九商会(日本郵船の前身)を興した人なので、船で運ぶのはお手の物というわけですよね。

アオサギ、ジッとしていましたが魚獲る時の素早い動き、「オオっ~」って声が出ますよ。
大体ハズレでしたが…(笑)。

投稿: ウッテガエシ | 2010年6月16日 (水) 午後 10時49分

えったんさま こんばんは

載せる写真を取捨選択するって難しいですね。
どうしても多くなってしまいます。
行ってから一週間も経っているので、どうしようかと思いましたがUPして正解でしたか…。
えったんさんに喜んでいただけてよかったです。

ネタと写真があっても、気合が入らないと記事つくる気が起きません。
で、時期を逸してボツになることしばしば…。

あの辺り相撲部屋があと二つ位ありそうです。
で、お相撲さんが自転車乗っているのに結構ぶつかります。
安芸乃川さん、ラジコンカーに集中しているので話しかけるきっかけつかめなくて…。
17歳とは思えないくらい落ち着いて、静かな人でした。

アオサギ、迫力ありましたか。あれ載せようか、どうしようか迷ったのです。
載せてよかったです。
コメント、有り難うございました。

投稿: ウッテガエシ | 2010年6月16日 (水) 午後 11時10分

ウッテガエシ様、 こんばんわ^^♪

亜麻色の乙女さんからの伝言で。。。
「相鉄線終点の市役所と消防署の近くの、
さわやかな田園でお待ってしています。
近くにはコンビ二やホームセンターがあり、
警察署もあり安心ですよ。」
との事です。


日陰がありませんので、熱中症にご用心(*^-^)

投稿: コミミちゃん | 2010年6月20日 (日) 午後 10時05分

こんにちは コミミちゃんさま

「亜麻色の乙女」さんの貴重な情報有り難うございました。
警戒心が強いとか…。
遠くからでは、コンデジでは無理かな?
最近イチデジに関心もってます。

投稿: ウッテガエシ | 2010年6月22日 (火) 午前 09時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 深川 | トップページ | 蝉しぐれの丹沢・鍋割山稜 »