« 清澄公園と清澄庭園 | トップページ | マボロシのまんだら堂 »

2010年6月27日 (日)

蝉しぐれの丹沢・鍋割山稜

梅雨の晴れ間に丹沢・鍋割山稜を歩いてきた。

小田急線渋沢駅からバスで約10分で大倉へ。ここから大倉尾根を登り、「金冷やしの頭」の分岐で塔ノ岳への道を右に分け、左に(西)進み鍋割山稜を鍋割山へと歩く。塔ノ岳は東丹沢一番の人気の山で人も多いがこちらは少ない。ぶなの大木の中、森林浴をしつつ静かな山歩きを楽しんできました。

(沢山画像載せました。どんどん進んじゃって下さい。)

渋沢駅からのバスの中、ほとんど登山者ばかり。

Photo

大倉バス停から車道を北へ進む。車道からコンクリート舗装された山道になり、すぐに道幅も狭くなり登山道になる。

Photo_9

時々、雲が切れ、朝日がさす。緑が眩しい。ウグイスやら野鳥の鳴き声につつまれ、気持ちのいい朝の山道。至福のいっとき。

Photo_4

観音茶屋を過ぎ、道は二股に別れる。先で合流するが、左を行く。パノラマ展望台があるが、曇り空なのでどうなのか?

Photo_3

「大倉高原山の家」の手前にこんな鳥居が…。いつの間にできたのか?

Photo_5

「大倉高原山の家」 ここのすぐ上の平にキャンプ場があります。水場もあるので。

Photo_6

山の家の前。ここからの展望がいいのだが、ガスってて下界は見えません

Photo_8

山の家の清水の水場。冷たくて美味し~い!20円です。

Photo_7

見晴茶屋。改築なって綺麗になりました。

Photo_10

ここを過ぎてから急登 になる。一本松跡の平で休憩。

Photo_11

更に進むと駒止茶屋に。ここまで馬で来たのでしょうか、昔の人は。

Photo_12

駒止茶屋の上の平。

Photo_13

向うの稜線はガスがかかっています。天気がよければ左上に富士山が見えるのだが…。

Photo_14

「堀山の家」 ここからまたきつい階段が続きます。ここで小休止しエネルギー補給します。

Photo_15

階段状のきつい登山道が続くが野鳥の鳴き声に救われる。

Photo_16

「花立山荘」の手前でツツジの花を見ました。ミツバツツジかな?

Photo_17

やっと「花立山荘」に着きました。

Photo_18

ここからの景色がいいのだが…。富士山も雲の中。承知で来ているが…。向うに目指す鍋割山稜が雲の切れ間から覗けた。

Photo_19

このさき花立からは絶景なのだが…。いったん樹林の中を下り、狭い稜線を進むと「金冷やし」の分岐に出る。

Photo_21

分岐。登ってきた道を見る。西の鍋割山稜を行く。反対は塔ノ岳への道。

Photo_22

ほとんどの人が「塔の岳」を目指していく。鍋割山稜を行く人は少ない。
ぶなの大木などの雑木林の中を静かな山歩きするには絶好の稜線なんですが…。

Photo_27

時々、緑濃い木々の中に赤いツツジが見れる。フッとほおがゆるむ。

Photo_23

北側の丹沢主稜方面。蛭ヶ岳(神奈川県の最高峰)かどうかは同定はできない。

Photo_28

倒木にコケが生している。

Photo_30

Photo_29

言葉で表現できない春ゼミの大合唱!時々、ヒグラシのような鳴き声も聞こえる。「何処にっ?」と捜しても見つからない。抜け殻はたくさん見れましたが。

Photo_32

緩やかな稜線をマイナスイオンを体いっぱいに浴びて(?)進む。

Photo_26

Photo_33

前に人がいました。ほっとしました。

Photo_35

またガスがかかってきた。

Photo_36
Photo 

何の花なのか?

Photo_37

「金冷やし」の分岐から1時間。鍋割山頂に着きました。鍋割山荘です。

Photo_38

7時15分に大倉を出発。12時に着きました。随分かかってます。
現在の自分の足腰の状態からはこんなもんでしょう。
山頂からは富士山や蛭ヶ岳などが見れるのですが…。

鍋割山荘の名物、鍋焼きうどん。かって100キロを越すボッカで有名な山荘のご主人が作ってくれます。汗で冷えた体には暖かく、具だくさんでおいしかったです。量が多いかなと思いましたが、さすがに体力消耗していたのでしょうか、完食しました。

Photo_39

1時間ぐらいのんびりして下山しました。途中、こんな鹿の角のような木を見つけました。

Photo_40

後沢乗越(うしろざわのっこし)を過ぎ、林道に降りてきました。

Photo_41

ここからは出発地点の大倉バス停まで単調な林道歩きです。
1時間40分ぐらいの林道歩き。

Photo_42
Photo_43
Photo_44

大倉バス停近辺。風のつり橋。ほっと一息です。

Photo_45
久しぶりの山歩きでした。霧の中のぶなの原生林の中を歩く、静かな山歩きを楽しめた鍋割山稜でした。

前日、前々日の二日間、整骨院で足腰もんでもらいました。で、モッタノカナ?

|

« 清澄公園と清澄庭園 | トップページ | マボロシのまんだら堂 »

コメント

バスで10分のところですか、近くに良い場所があるんですね。
バスの乗客の目指すところは同じ(笑)かしら。
画像を見てると樹木の緑が綺麗で、つい深呼吸をしたくなりましたよ。
樹木の花は「ヤマボウシ」です、綺麗に咲いてましたね。
山や森を一人で歩いてて人に会ったり見たりするとホッとしますよね。
森林浴にマイナスイオン、いつもより体調が良くなってますよ。

投稿: えったん | 2010年6月28日 (月) 午前 10時06分

(◎´∀`)ノこんにちは~ウッテカエシさま~♪

うわぁ~山登りをされたのですねぇ~
今頃足に身が入っていたりして(笑)

ガスで展望妨げられ残念でしたね~
清水20円ですかぁ~タカ^^
階段状のきつい登山道ですねぇ~緑の木々
春セミや小鳥の声に癒されながら歩かれたのですねぇ
緑の中の赤いつつじ「フッとほほが緩む」
なんかわかる気がしますぅ。
下界では味わうことのできない醍醐味でしょうか!

鹿の亡骸にはびっくりですねぇ~
鍋割山荘名物~鍋焼きうどん美味しそうですぅ。
霧の中の山歩き、下界を離れてリフレッシュされた
のですね~素敵な画像の数々有難うございました。

投稿: つれづれに | 2010年6月28日 (月) 午後 02時01分

こんにちは えったんさま

バスの乗客のほとんどは塔ヶ岳を目指す人たちです。
この尾根道を4分の3ほど登ったところで、もう頂上から降りてきた人たちに会いました。
「えー、同じバスにいたよなぁ~」って呆れてしまいました。
夏場に北アルプス等へ行く人たちの絶好の鍛錬場みたいです。

鍋割山稜は植林されてなく、ブナの古木などの雑木林の中を行くので気持ちよく歩けました。
マイナスイオン浴びて、足以外は体調よくなったみたいです…(笑)。

コメント、有り難うございました。

投稿: ウッテガエシ | 2010年6月29日 (火) 午後 04時06分

えったんさま
白い花、「やまぼうし」ですか。
山野草はまったくわかりません、助かりました。
有り難うございました。

投稿: ウッテガエシ | 2010年6月29日 (火) 午後 04時44分

こんにちは つれづれにさま

山、行ってきました。
こんな梅雨の時期に、アホですよね。

>今頃足に身が入っていたりして(笑)
え~、どういう意味なんだろう?
初めて聞く言葉です。インターネットで調べてもわからない!

鍋割山稜は人が少なく、ぶななどの雑木林の山道に霧がかかって、幻想的な雰囲気で、気持ちいい山道歩きをしました。
鍋割山荘名物の鍋焼きうどん、初めて食べました。
汗で冷えた体には暖かく、美味しかったです。

コメント、有り難うございました。

投稿: ウッテガエシ | 2010年6月29日 (火) 午後 05時23分

こんばんは!
 ぅわw~~~綺麗な景色を見ながら、たまには霧もかかり幻想的な雰囲気の中を、山歩きをされたのですね。。
 歩く処は、綺麗に整備をされているようですね。。
 鹿の亡骸には、驚きです。。(@_@)
 やはり食べる物に目が行きますが、鍋焼きうどん美味しそうですね。。
 マイナスイオンいっぱいで、気分もリフレッシュ出来た事でしょうね。
  
 今日は、素敵なお写真と、説明有難う御座いました。

投稿: みっちゃん | 2010年6月29日 (火) 午後 08時43分

こんばんは みっちゃんさま

久しぶりに、丹沢に行ってきました。
右足の膝に爆弾を抱えているので、控えていましたが、無性に行きたくなり、無理なら途中から引き返してこようと思いながら行ってきました。
どうやら無事、帰ってこれました…。
たいした写真が無かったので、記事のアップ、どうしようかと思ってましたが、
みっちゃんの

>ブログは、皆様方に見てもらうのは勿論ですが、それ以前に自分自身の記録だと思っていますので、皆さん方と比べるのでは無くて・・・

というご意見を熟慮し、また

>~UPして私たちを楽しませて下さいませ。。
というお言葉に後押しされ、思いきってアップしました。

みっちゃんに感謝、感謝です。

投稿: ウッテガエシ | 2010年6月29日 (火) 午後 09時45分

▼o・_・o▼

金冷やしの頭?面白い名前ですね~
山歩きやウォーキングは、今ブームですものね。
みんな、それらしき服装にウォーキングシューズやトレッキングシューズを履いて・・
私も今日、八ヶ岳の方面に行ってきました(*'∇')ウフフフ
ま~お水いっぱい20円?
重くても担いで行かなくちゃね~
そういえば、トイレが50円でしたよ。
こればっかりは我慢できないしね。。。o(゚^ ゚)ウーン
堀山の家の先の階段は、なだらかそうに見えて
きつそうですね~Y(>_<、)Y ヒェェ!
>「花立山荘」の手前でツツジの花を見ました。ミツバツツジかな?
そうそう、これ・ミツバツツジ、まだ咲いているのですね。
今年はまだ、蝉の声を聞いていません。
景色を見ながら、坂道や階段を登ったり、下ったり
一緒に歩いた気分です。
動物の死骸は見たくなかったけどね~~

投稿: suta | 2010年6月30日 (水) 午前 04時34分

こんばんは sutaさま

「金冷やし」って面白いですよね。
ここからの沢が「水無川本谷金冷シ沢」のようで沢登りする人もいるようです。
由来はわかりません。想像はできますが…。

八ヶ岳に行ってらしたんですか?
避暑ですか?いいですね。
相変わらず凄い行動力ですよね!

花立近辺から鍋割山稜、凄い春ゼミの大合唱!
鳥の鳴き声もかき消されるほどでした。

サッカー残念でしたね。
これで少し生活のリズム戻るかな…(笑)
コメント、有り難うございました。

投稿: ウッテガエシ | 2010年6月30日 (水) 午後 09時27分

ウッテガエシ様、 こんばんわ^^♪

すごい健脚ですね(゚0゚)
マイナスイオンたっぷりで、気分もリフレッシュですね。

丹沢は、遠くに見えていますがまだ行ったことがありません(u_u。)
公園を走り回り、日ごろからトレーニングしているのですが。。。
本格的な登山は・・・?

丹沢は、野鳥の楽園でBGMが囀りだったら、楽しいでしょうね(◎´∀`)ノ

美味しいお水と美味しい空気と、せせらぎの流れと・・・
是非行ってみたい処ですね

投稿: コミミちゃん | 2010年7月 2日 (金) 午後 10時53分

こんにちは コミミちゃんさま

山行は丹沢、奥多摩、中央線沿線の近場のみで日帰り中心です。

特に丹沢は近いし、大倉は駅からのバスの便もいいので、朝7時には山道を歩き出せるのが魅力です。
山頂まで行かなくても、里山歩きも楽しめるところが多くあります。
多分野鳥もいろんな種類のが見れると思いますが…。
ウグイス始め、野鳥の囀りに癒されましたが、春ゼミの大合唱はうるさかったです。

コメント有り難うございます。
お返事、遅れました。

投稿: ウッテガエシ | 2010年7月 4日 (日) 午前 08時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 清澄公園と清澄庭園 | トップページ | マボロシのまんだら堂 »