« 再オープンの深川江戸資料館 | トップページ | 深川八幡祭り »

2010年7月30日 (金)

蓮と観音様と…

  ちょっと遅いですが、蓮とお釈迦様ではなく、観音様を…。
3週間も前の大船観音と大船植物園での画像ですが。
お蔵入りにするつもりでしたが、思い切ってアップしました。

白衣の観音像 (大船観音寺)

Photo_20

Photo

Photo_2

Photo_4

Photo_5

観音様の右後から 大きな背中です

Photo_17

観音さまの胎内に入れます 本体の20分の1の原型像

Photo_19

大船植物園の蓮 (神奈川県立フラワーセンター大船植物園)

Photo_7

Photo_8

Photo_10

睡蓮

Photo_11

Photo_13

Photo_6

Photo_14

Photo_15

大船植物園にて

「はい、チィーズ!」と言っても子供はジッとしていません。やっと撮れました、このお母さん。

Photo_24

「写真、撮るのォ~?」「お願いします」「じゃあ~、帽子被ろうかぁ~」
本当は綺麗な白髪の後姿を撮りたかったんですが…。

Photo_22

「写真?どーぞぉ」「カシャッ!有り難うございました」「キミィー、これでオレを撮ってくれよ」
大きな一眼レフデジカメを渡されました。手にずっしりと重みが…。そして心地よいシャッター音!
左から右から、はたまた後から7,8枚撮りました。
「有り難うね!」「いいえ、こちらこそ。一眼レフデジカメいいなぁ~。」

Photo_23

|

« 再オープンの深川江戸資料館 | トップページ | 深川八幡祭り »

コメント

▼o・_・o▼

階段を登る毎に観音様が近づいて、大きくなって・・・
四枚目(^▽^*) パチパチ♪ ご利益ありそう~
観音様の背中を写す人って、あんまりいないんじゃな~い(*'∇')ウフフフフ
おんぶされても、滑っておっこっちゃう・・・
(`□´)コラッ! なんて不謹慎な~(自分で言って・・自分で怒る)
大船植物園、一度だけ行った事があります。
蓮と睡蓮がとっても綺麗(*'▽'*)わぁ♪
>「はい、チィーズ!」と言っても子供はジッとしていません。やっと撮れました、このお母さん。
経験大いにありです・・・
こういう写真、大好きです。
最近、植物園やお寺etcで絵を描いている方
素晴しい一眼レフを写真を構えている方を良く見かけますね~

メールアドレスを教えて下さい。
背景の作り方を送ります。
簡単なんですよ。

いつも素敵な写真をありがとう♪(#^ー゚)vごさいます。


投稿: suta | 2010年7月31日 (土) 午前 08時07分

(◎´∀`)ノこんにちは~ウッテカエシさま~♪

まぁ~このように素敵な画像をお蔵入りなんて
とんでもないです( ^^) _U~~

大船観音、実物を見たことがありません。
階段下から徐徐にUPすてきな演出ですねlovely
穏やかなお顔に和みますね~
蓮に睡蓮もきれいに撮れてますねぇ^^
涼しさをもらいましたぁ。
絵を描く人、子供を撮ろうとしているママ~
ウッテカエシさまの優しい眼差しを感じました。
素敵な画像を有難うございました。

投稿: つれづれに | 2010年7月31日 (土) 午後 02時15分

こんばんわ♪♪

観音様、・・・・・・。
珍しいショットを見せていただき、嬉しかったです。siawase気分です。

蓮、・・・・・・。
綺麗ですね。
美しいですね。
いろいろ見て、楽しめました。
心和みました。
ありがとうございました。

いつも、コメント&応援ポチに、深謝です。

投稿: 夏の風物誌ですね。 | 2010年7月31日 (土) 午後 08時26分

こんばんは!
 お蔵入り~~~、それは、勿体ないですよ。。
 この様に、白衣の観音像様も皆様方に見て頂き、キットお喜びだと思いますよ。。。
 それにしても、インパクトが有りますよね。。(@_@)
 ハスには、水滴が付いて素敵だわw~~~。
 スイレンもお上手に撮られて、前ボケが入っています。。
 青いスイレン、珍しいですよね。。
 こちらでは、高知県の「モネの庭」に有りますが、今年は見に行く事が出来ませんでしたが、この様に拝見出来て嬉しいです。。
 可愛いお子様が、微笑ましいですw~~~。
 絵心が有る方が、羨ましいです。。
 
 今日は、有難う御座いました。^^)
 
 

投稿: みっちゃん | 2010年7月31日 (土) 午後 08時48分

こんばんは sutaさま

>観音様の背中を写す人って~~いないんじゃな~い

本当は右後からのお顔を写したかったんですが、通路からはずれるし、木は植わっているしで、この角度になってしましました。
最近は植物園内でも絵を描く人、イチデジ持つ年配のご婦人が多いですよね。
趣味を楽しんでいる人は本当に若いです。

背景を入れる方法、教えていただけるなんて!
感謝、感謝です。
アドレス入れました。
よろしくお願い致します smile

投稿: ウッテガエシ | 2010年7月31日 (土) 午後 09時41分

こんばんは つれづれにさま

みなさん、蓮をアップされていて写真が素晴らしいので、自信喪失して
そのままにしていましたが、ブログネタが乏しいので、作っちゃいました(笑)。
素敵な画像だなんて…(=´Д`=)ゞ

時期がちょっと遅いし、ただ蓮のアップでは面白くないので…。
芥川龍之介の「蜘蛛の糸」のシチュエーションをまねて、お釈迦様の代わりに観音様、
蓮池、血の池地獄の罪びとの代わりに現世の善男善女…???
ちょっと独りよがりでしたね…(笑)。

コメント有り難うございました。

投稿: ウッテガエシ | 2010年7月31日 (土) 午後 10時09分

こんばんは siawasekunさま

水浴び好きなカワガラスは結構流れの速い川でも
大丈夫なんですね。
キセキレイも綺麗に撮れていて素晴らしいですね。
美しい滝や野草のある森で毎日撮影しているって
うらやましいです。
えーと、これってsiawasekunさまのブログに入れなければいけませんでしたね。 
┐(´-`)┌

siawasekunさまに心和んでいただいてよかったです。
コメント有り難うございました。

投稿: ウッテガエシ | 2010年7月31日 (土) 午後 10時32分

こんばんは みっちゃんさま

みっちゃんの蓮の写真があまりにも素晴らしかったので、蓮は止めにしようとしました。
半分冗談…です(笑)
ネタがないので引っ張りだしました…。

白衣観音、インパクトありましたか?
みっちゃんにそう言われ、嬉しいです。
睡蓮のマエボケ、レンズの前に葉っぱを寄せたらどうなるか?試してみました。
青い睡蓮って珍しいのですか?
なんにもわからず撮ってます。
みっちゃんに誉められ、そして喜んでもらえてよかったです。
コメント有り難うございました。

投稿: ウッテガエシ | 2010年7月31日 (土) 午後 11時00分

メールアドレスを入れました。
こちらにメールください。

投稿: suta | 2010年8月 1日 (日) 午前 02時38分

sutaさん

何処にメールアドレス入れたんでしょうか?
もう一度こちらのアドレス入れてみます。
      (;;;´Д`)

投稿: ウッテガエシ | 2010年8月 1日 (日) 午前 10時34分

ウッテカエシさん
おはようございます♪♪

昨日も、私の拙いブログで、「ニワトリの姿」などを見て、嬉しいコメント、ありがとうございました。

また、応援ポチに、心より、恐縮、恐縮、深謝、深謝、深謝です。。

投稿: siawasekun | 2010年8月 5日 (木) 午前 06時34分

とても綺麗な観音様の顔立ちですね、優しさが伝わってきます。
ジッと見てると心が落ち着いてくる感じがします。

お釈迦様といえば蓮の花ですね、植物園の蓮も綺麗に咲いてて紫は初めて見る色でした。

暑い夏に涼しさを分けていただいたようで感謝です。

投稿: えったん | 2010年8月 7日 (土) 午前 09時18分

siawasekunさま

律義なsiawasekunさまにこられても、同じ記事で申し訳ありません。
毎日更新なんて出来ないので…。

コメント入れず、ポチのみで失礼することも…。
応援しています!

投稿: ウッテガエシ | 2010年8月 9日 (月) 午後 10時21分

こんばんは えったんさま

蓮といえばお釈迦様ですが、大船植物園に行くのに
大船駅を降りると、否応無く大船観音が目に入ります。
お釈迦様の代わりに(?)観音様に出てもらいました。
みなさんのblogの蓮の花の写真が素晴らしいので
一工夫しなければ…と、思いましたが…。
イマイチのようでしたね。

5~7日、白馬八方方面に行ってました。
2千メートルあっても暑くて、腕と首が真っ黒に焼けてしまいました。
写真の整理が大変です。

コメント有り難うございました。


投稿: ウッテガエシ | 2010年8月 9日 (月) 午後 10時37分

ウッテカエシさん
おはようございます♪♪

昨日も、私の拙いブログで、「キツリフネ」などを見て、嬉しいコメント、ありがとうございました。

また、応援ポチに、心より、恐縮、恐縮、深謝、深謝、深謝です。。

投稿: siawasekun | 2010年8月10日 (火) 午前 06時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 再オープンの深川江戸資料館 | トップページ | 深川八幡祭り »