« 蝉しぐれの丹沢・鍋割山稜 | トップページ | 再オープンの深川江戸資料館 »

2010年7月 3日 (土)

マボロシのまんだら堂

 「鎌倉の紫陽花?まんだら堂の紫陽花は凄いよ。随分前のことだから、今はどうなっているかわからないが…。」近所に住む鎌倉生まれの人にそう聞きました。
「まんだら堂…?聞いたことないなぁ~、何処なんだろう…?」
地図をみてもわからない。インターネットで調べてわかりました。
鎌倉というより逗子市でした。

~第二次大戦後、まんだら堂跡には法華経の行者、故小山白哲老師が妙行寺を建て、あたりを畑にするため弟子の青年と二人で掘り起こすと無数の五輪搭や宝篋印搭が出土したため、すこしづつ復元をした。小山白哲老師は世界平和を祈るかたわら、庭に花を育て、鎌倉有数の花菖蒲やあじさいの見所にまでなった。しかし老師の死後、寺は荒れるにまかせ、まんだら堂自体も閉鎖されて現在にいたっている。  (インターネットによる)

どうやら現在、妙行寺は廃寺でまんだら堂跡は閉鎖されているらしい。
鎌倉ハイキングがてら一応行ってみることにしました。
街中を歩いてるときは蒸し暑くて熱中症になるかと思ったが、山道に入ると緑生い茂る木々が日陰を、そして涼しい風と野鳥の鳴き声に生き返ったおもいでした。

鎌倉駅を出て、若宮大路を突っ切り、郵便局の横の道を入り本覚寺へ。
駅への近道なのか、みなお寺を通り抜けしてる。お辞儀をする人、しない人、マチマチでした。

本覚寺 こちらは裏門です

Photo_10

境内に置かれた蓮鉢の蓮の花

Photo_2

反対側の山門(仁王門) こちらが正面のよう。潜ると右手に夷堂がある。夷堂(えびすどう)は日蓮上人が佐渡流罪を解かれてここに身を寄せたところ。
写真、撮り忘れました。

Photo_3

本覚寺を出て、滑川に架かる夷堂橋を渡るとすぐ妙本寺に。
後に山を控え、涼しそうな参道の階段を登る。
妙本寺総門

Photo_4

ここも日蓮宗のお寺でした。日蓮上人の立派な像。

Photo_5

境内に咲いているノウゼンカズラの花。熱心に一眼カメラで花の写真を撮っていたご婦人に聞きわかりました。今年は開花が遅いとか。そしてこの花こそこのお寺のメインだとか。「そうなんですか…」

Photo_9
Photo_6

妙本寺を出、ぼたもち寺、八雲神社を駆け足で見て上行寺 へ。

ぼたもち寺(常栄寺・日蓮宗) 
常栄寺は、印東次郎左衛門の妻で、「桟敷の尼」と呼ばれた妙常日栄の名前に由来している。
1271年の日蓮上人の龍の口法難の折、桟敷の尼が日蓮にゴマのぼたもちを捧げたという故事があり、「ぼたもち寺」として親しまれている。
以後、700年余り経ったいまでも毎年9月には、御法難会に際し、片瀬龍口寺の祖師像にゴマの餅を供えるのを習わしとしている。

Photo_8

「ぼたもち寺」のすぐ近くにある「八雲神社」

鎌倉で最も古いと伝えられる、厄除開運の神社。疫病が流行した際、源義家の弟・新羅三郎義光が京都の祇園社から祭神を勧請し、祈願したところ、疫病は退散し、住民は難を逃れたといわれている。古くは祇園天王社・祇園社と称したが、明治維新に八雲神社に改称された。

Photo_11

別願寺をやり過ごし、上行寺へ。道路を歩くのは暑い、暑い。熱中症で倒れるかと思ったほど。

上行寺(日蓮宗)
日蓮上人の孫弟子にあたる日範上人が1313年に開山した寺院。

山門 この裏側に左甚五郎作の龍の彫刻がある。

Photo_13

すべての病(特に癌)ご利益があるとされる瘡守稲荷(かさもりいなり)と、身がわり鬼子母神が祀られている。

Photo_12

龍の彫刻がある。左甚五郎の作。

Photo_14

安国論寺は割愛し、鎌倉葉山線を葉山方面へ向かう。横須賀線の踏切を渡ると長勝寺がある。ここも日蓮宗のお寺。
長勝寺山門 安国論寺とならび、日蓮上人が松葉が谷に来て初めて草庵をむすんだ寺といわれる。
Photo_15

境内にある高村光雲作の日蓮銅像。後ろに控える四天王。

Photo_16

紫陽花がお出迎えの本師堂

Photo_17

長勝寺を出て、再び道路を葉山方面へ歩く。すぐ左に折れ、再び横須賀線の踏み切りを渡ると、名越切通への道標がある。線路に平行に上っていくと…。
1

坂の途中から後を振り返ると、長勝寺の本堂の大きな屋根。

Photo_18

ここからは山道です。ちょっと薄暗く、道はじめじめしている。ハイキング用の靴を履いてきて正解でした。

Photo_19
Photo_21

名越切通のよう。行き過ぎたようです。

Photo_20

引き返すと、道の途中に鉄パイプとフェンスで、まんだら堂跡への道は閉鎖されていました。
1_2

ギョッ…!なんと、蜘蛛がしっかり入口を守っていました。「入っちゃいけんよ…」「ヘイっ…」

Photo_22

まんだら堂跡への道。フェンスの横から撮りました。

Photo_23

まんだら堂跡は閉鎖中を確認し(?)、あきらめ、山歩きをしつつ報国寺へ出ることに。
途中、ゆりの花を見つけました。しばし休憩して写真撮りました。

Photo_27

山道ではリスのくぐもった鳴き声があっちにもこっちにも。鎌倉の山は非常にタイワンリスが多い。
道を上り詰めると片側が開けてて、鎌倉、逗子の海が見えるところに出ました。中央にある小さな、かすかに見えるのが江ノ島のようです。
Photo_24

左にパンして…。こちらは逗子の町と逗子湾でしょう。

Photo_25

歩きながらサンドウィッチを食べ、山道を進む。すると、片側が住宅街に開発され、ハイキングコースはその周りをなぞるように走っている。いやはや…。
Photo_26

再び山道になり(巡礼古道)、途中左に下りていく細い道を下っていきます。標識がないのでわかりにくい。手前の広い芝生の公園にいたおじいさんに聞いてよかった。
道なりに進む。綺麗な紫陽花に会えました。

Photo_28

舗装された道に出、しばらく行くと右側に旧華頂宮邸の立派な庭が、道路からも見える。

華頂宮(かちょうのみや)家はどんな宮家?
伏見宮家の分家のようです。初代博經親王は伏見宮邦家親王の第12王子で、嘉永5年(1852年)知恩院門跡となり明治元年(1868年)勅命により復飾して、知恩院の山号「華頂山」から華頂宮の称を賜ったとのこと。華頂侯爵は数年しか住んでいなかったとか。所有者がしばしば変わり、現在は鎌倉市が買い取っている。

門を入ってすぐ。建物の中は非公開です。

Photo_29

庭は広く明るい。サッカーができそう・・・。

Photo_30

庭にいた野鳥。セキレイだと思うが。白くないのでわかりません。

Photo_31

旧華頂宮邸を出て、更に行くと報国寺です。竹のお寺で有名ですが、初めて入りました。

報国寺は1334年創建の臨済宗建長寺派の寺。天岸慧広(てんがんえこう)が開山、開基は足利尊氏の祖父である足利家時。上杉重兼が開基という説もある。かつては足利、上杉両氏の菩提寺として栄えたと伝わる。
報国寺山門

Photo_32

竹の庭
石だたみが敷き詰められた道に心地よい風とウグイスの鳴き声が。別世界だ!

Photo_33

Photo_34

苔むした石灯籠。落ち着いた雰囲気がいい。

Photo_37

Photo_38

やぐら 足利一族が眠っているのでしょうか。 

Photo_39

本堂の裏庭。

Photo_35

真っ白い葉の植物!カメラを向けているご婦人に聞きました。
「ハンゲショウです。今日(7月2日)が半夏生の日です。」
「えっ、ハンゲショウの日・・・??」
で、調べてみました。
 夏至から11日にあたる半夏生のころ花を開き、葉が白くなるからいう。 また葉の表面が白いので片白草とも呼び、半化粧と書く場合もある。

Photo_41

報国寺を出て、帰る事に…。しかし蒸し暑かった一日でした。
鎌倉駅まで歩くのはやめ、バスに乗りました。
鎌倉でバスに乗るのは初めてでした。
まんだら堂跡は一年に一度公開日があったようです。
現在はどうなのか?
その時まで、お預けです。

|

« 蝉しぐれの丹沢・鍋割山稜 | トップページ | 再オープンの深川江戸資料館 »

コメント

(◎´∀`)ノこんばんは~ウッテカエシさま~♪

今日もいろいろの所へご案内して頂きましたぁ。
沢山歩かれましたねぇ~

本堂寺から報国寺まで~~
幻のまんだら堂を訪ねて~ロマンを感じますぅ。
閉鎖中しかも蜘蛛が通せんぼしてたりして!
日蓮上人ゆかりの神社が多かったようですね
蓮の花、紫陽花もとっても綺麗でした。
日蓮上人の像、四天王の像もすごいですねぇ・
上行寺の左甚五郎作の龍の彫刻~なんかユーモラスな
感じがしました(笑)
逗子の町と逗子湾の眺め素晴らしいですねぇ~。

竹庭の竹林~苔むした仏像、凛とした雰囲気が感じられます。

半夏生の花、私も今日UPしましたぁ~ダブチャイ
ましたぁm(__)m

珍しい画像の数々楽しみました有難うございました。

投稿: つれづれに | 2010年7月 3日 (土) 午後 09時27分

こんばんは つれづれにさま

まんだら堂の紫陽花、結局見れませんでした。
お寺の後継者がいなく、廃寺になって荒れ放題になったようです。
まんだら堂の地帯は鎌倉武士、僧侶の墓地といわれ
ていますが、そうでもないと言う説もあります。
遺骨が発掘されていないとか、お参りするには不便すぎる土地とか…。
これからの調査によってハッキリするでしょうが。

昨日(2日)、半夏生の日だったんですね。
花を撮っていたご婦人に感謝です。
知らない事が多いです。
つれづれにさんの半夏生、見なくちゃね!

投稿: ウッテガエシ | 2010年7月 3日 (土) 午後 11時05分

こんにちは!
 ぅわw~~今回も力作ですね。。
 これだけの沢山のお写真を撮って、順番に整理をして、そしてご丁寧に説明をして頂いていますので、 ウッテガエシさんと、ご一緒した様に臨場感あふれています。。
 本当に感動です。。(*^。^*)

 本覚寺の裏門から入り、日蓮上人の立派な像に、合掌させて頂き、迷子にならないようにドンドン進んで行きます。
 左甚五郎の作の龍の彫刻が、立派ですね。。
 大きな蜘蛛にギャッ…!
 鎌倉、逗子の海が見える光景は、疲れも、暑さも吹っ飛びそうで、圧巻ですねw~~。(@_@)
 竹庭の竹林、苔むした仏像雰囲気が素敵です~~。。
 最後の、半夏生の花も、綺麗ですね。。 

 今回も、とても楽しませて頂き有難う御座いました。^^)

投稿: みっちゃん | 2010年7月 4日 (日) 午後 04時45分

こんばんは みっちゃんさま

鎌倉の紫陽花の名所は沢山ありますが、偶々まんだら堂跡のが“一見の価値あり”とのことで興味を持った次第です。

>本当に感動です。。(*^。^*)
本当ですか?これ以上の嬉しいお言葉はありません。

あの蜘蛛はあそこの守護神だと思いました。
「入っちゃいけんよ…」って聞こえた気がします…。
本当ですよ!

みっちゃんさんに楽しんで頂きよかったです。
コメント、有り難うございました。

投稿: ウッテガエシ | 2010年7月 4日 (日) 午後 08時44分

おはようございます♪♪

ハス、・・・・・・。
綺麗ですね。
美しいですね。
見せていただき、siawase気分です。

珍しいショットをいろいろ見せていただき、嬉しかったです。
楽しめました。
ありがとうございました。

昨日も、コメント&応援ポチに、恐縮です。

投稿: siawasekun | 2010年7月 6日 (火) 午前 03時40分

▼o・_・o▼

鎌倉をハイキング、いいですね~
でも暑かったでしょう?
こちらは昨日まではっきりしないお天気でしたが
今日は午後からカンカン照りです。
本覚寺の蓮が綺麗ですね(*'▽'*)
妙本寺のノウゼンカヅラも見事です。
ぼたもち寺ってストレートの名前が面白いですね(*'∇')ウフフ
上行寺の左甚五郎の龍の彫刻は、東照宮の眠り猫よりも立派ですね(o^-')b グッ!
長勝寺・・そうですか~ここが日蓮上人の松葉が谷の草庵があった所ですか~
第一の法難があった所・・行って見たいな~
さすが鎌倉は日蓮上人が始めて法を弘めた所だけあって、日蓮宗のお寺が多いですね
名越切通、まんだら堂跡への道はきつそうですね(ノд-。)クスン
(*'▽'*)わぁ♪海だ~~ゆりや、アジサイに癒されて
青竹の香りが漂う竹林をぬけて、ゴールに待っていたのが
半化粧だなんてd(⌒ー⌒) 最高 !!ですね
ウッテガエシさんのブログは、いつも一緒に歩いているような錯覚をします。今日も楽しいハイキングを(^人^)感謝♪です。

投稿: | 2010年7月 6日 (火) 午後 04時50分

こんばんは siawasekunさま

コメント、有り難うございます。
siawasekunさまに楽しんでいただきよかったです。

それにしてもblogランキング1位、凄いですね!
拝見した時はポチ入れてます。
ムシムシの季節、お体に気をつけガンバッテ下さい!

投稿: ウッテガエシ | 2010年7月 6日 (火) 午後 09時57分

こんばんは sutaさま

八ヶ岳で避暑ですか?
こちらは蒸し蒸しの毎日です (つд⊂)エーン

上行寺にあの左甚五郎の龍の彫刻があるとは思いもしませんでした。
インターネットで調べているうち見つけ、是非寄らなければと思ったのです。
上行寺は古都鎌倉のマップにも載ってない、小さなお寺ですがこんな凄い彫刻がありました。
sutaさんがアップした「東照宮の眠り猫」ほど有名ではありませんが…。

鎌倉のお寺に詳しいですね、sutaさんは!
「名越切通し」への道はたいした距離ではありません。
鬱蒼として、人が少ないので一人だとちょっと気味悪い。
でも、ずーと歩いてみてあそこだけですね、そう感じたのは。
若い女性が一人で歩いていました。
私はほっとしましたが向うはどうだったか…。

鎌倉ハイキング、一緒に楽しんでいただけて(?)よかったです。

投稿: ウッテガエシ | 2010年7月 6日 (火) 午後 10時33分

ウッテガエシさん
おはようございます♪♪

昨日も、私の拙いブログで、「最も身近な野鳥:スズメの姿」などを見て、嬉しいコメント、ありがとうございました。

また、応援ポチに、心より、恐縮、恐縮、深謝、深謝、深謝です。。

投稿: siawasekun | 2010年7月 7日 (水) 午前 06時15分

ウッテガエシ様、 こんばんわ^^♪

鎌倉へ、マボロシのまんだら堂の探検
お疲れ様でした。
ウッテガエシさんの健脚は、丹沢に続き凄いですねw(゚o゚)w
報国寺の竹林(縦構図)は、生命力を感じるショットで素敵ですね♪

鎌倉や逗子は山に囲まれ湘南ビーチもあり、
自然豊かで鳥の声を聞きながらトレッキング・・・
気分リフレッシュでしたね(*^-^)

投稿: コミミちゃん | 2010年7月 9日 (金) 午後 07時45分

こんにちはー。
結構歩かれましたねー、ブログを見てて私の方が息切れしそうでしたよ(笑)。

鎌倉はいいところですね、寺院仏閣を訪ね自然を満喫し、体全体が洗われたのではないですか。

時々目にする花が、疲れた体をリフレッシュしてくれそうですね。
「ハンゲショウ」初めて見ました、名の由来も納得です。

楽しい旅のひと時を一緒に歩いたようで得をしました。
ありがとう。

投稿: えったん | 2010年7月10日 (土) 午前 11時10分

こんにちは siawasekunさま
先ほど宇津江四十八滝、身近な野鳥スズメ拝見しました。ポチも…。
毎日更新、凄いです。
ランキング1位更新中も。
応援しています。

投稿: ウッテガエシ | 2010年7月11日 (日) 午後 03時26分

こんにちは コミミちゃんさま

>ウッテガエシさんの健脚は、~~
健脚ではありません。鎌倉では私よりも年配の団体が元気に歩いていました。
こちらは熱中症を心配しているのに…。
山では追い抜かれこそすれ、抜いたことまずなし。
競争ではないですが…。

まんだら堂跡はいずれ行ってみようと思ってます。
公開日があると聞いたのですが…。

コメント、有り難うございました。

投稿: ウッテガエシ | 2010年7月11日 (日) 午後 03時40分

こんにちは えったんさま

鎌倉は本当にお寺が多いです。
日蓮上人が布教した関係か日蓮宗のお寺が多いと思いました。
距離的にはそうではないのですが、蒸し暑くてまいりました。
山道に入って、日陰と涼しい風に救われた思いです。
 
ハンゲショウ、私も初めて知りました。
最近は恥をしのんで、人に聞くことにしてます。
周りの人たちも話の輪に入ってきて、ワイワイがやがや喧々諤々…(笑)。
 
えったんさんに楽しんでいただけてよかったです。
コメント、有り難うございました。

投稿: ウッテガエシ | 2010年7月11日 (日) 午後 03時57分

鎌倉も逗子方面もまったく知らない私は、今回も興味深く楽しい旅をごいっしょさせていただくばかりでした。
鎌倉はぜひ行ってみたいところですが、1泊2泊の旅をしたとしても、とてもこういう方面の、こんなにきめ細かい旅は望むべくもありません。
歴史とその建造物、古都鎌倉の風光、京都、奈良とともに世界遺産にならないのでしょうか・・・
まぼろしのまんだら堂を訪ねられた ウッテガエシさんにつまらないことをお伺いいたしました。
ほんとうに写真を楽しんで撮っておられますね。たいへんな労作ですがとても楽しそうです。それに解説も詳しく、私にはすごい勉強になりました。
歴史物語のなかに、ハスや百合やアジサイなど花たちがやさしいですね。ほっとします。ハンゲショウは半化粧と思っていました。ありがとうございました。

投稿: どたさ | 2010年7月13日 (火) 午後 11時11分

こんばんは どたささま

まんだら堂跡の妙行寺は紫陽花の名所だったそうです。
住職の死後、無人になり近所の(檀家?)人たちが手入れをしてきたと聞きました。
まんだら堂跡の発掘が進んで、保全の為閉鎖されたようです。
写真は単に記録の(ブログの?)為で、どたささんのように芸術的な写真とは縁遠いものです。
成人してからほとんど碁一筋で、最近コンデジで花とか撮ってますが、カメラ技術などまったくわからず撮ってます。

>ほんとうに写真を楽しんで撮っておられますね。
「撮りたいなぁー」と思った時撮っているので、そう思われるのかもしれませんね。

コメント、有り難うございました。

投稿: ウッテガエシ | 2010年7月15日 (木) 午後 11時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 蝉しぐれの丹沢・鍋割山稜 | トップページ | 再オープンの深川江戸資料館 »