« 深川八幡祭り | トップページ | 初体験… »

2010年8月25日 (水)

建長寺・開山忌

建長寺は鎌倉五山第一位。
建長寺の開山忌が23日と24日にありました。
建長寺の開山大覚禅師は中国西蜀淅江省に生まれ、名は蘭渓、道隆と号した。
ちなみに開基は鎌倉幕府第5代執権・北条時頼。

蘭渓道隆は淳祐六年(1246)筑前博多に着き、一旦同地の円覚寺にとどまり、翌宝治元年に知友智鏡をたよって泉涌寺来迎院に入った。智鏡は旧仏教で固められている京都では禅師の活躍の場が少ないと考え、鎌倉へ下向するよう勧めた。こうして禅師は鎌倉の地を踏むことになった。日本に来てから三年後のことと思われる。時に三十六歳。鎌倉に来た禅師を執権北条時頼は、軍務の暇を見ては禅師の元を訪れ道を問うのだった。そして時頼は建長五年(1253)禅師を請して開山説法を乞うた。禅師は鎌倉に十三年いて、弘長二年(1262)京都建仁寺にうつり、その後また鎌倉に戻ったが叡山僧徒の反抗にあって二回にわたり甲斐に配流されたりした。

 禅師はのち弘安元年(1278)四月、建長寺に再住、そして七月二十四日、衆に偈を示して示寂した。ときに六十六歳。
(建長寺ホームページより)

巨福門と呼ばれる総門

Photo

総門を潜ると受付、朱印所があり拝観料300円を納めるのだが、今日はタダでした。ハイキングコースからここに降りてきても拝観料を取るのに珍しい事です。

三門 三解脱門の略。楼上に五百羅漢などを安置しその下を通ると心が清浄になることを祈念しているという。

Photo_2

三門の「建長興国禅寺」は後深草天皇のご宸筆とか。

Photo_3

三門を潜ると正面に仏殿が見える

Photo_4

仏殿の内部。建長寺の本尊、地蔵菩薩を祀っている。

Photo_5

仏殿の後ろ。扉が開いているのを初めて見ました。後でここでの法要の後、ここから僧侶が出てきました。

Photo_8

百日紅の赤い花が目に眩しい

Photo_6

9時30分ごろ、仏殿脇の鐘が鳴り、呼応するように三門横の梵鐘、さらにもう一箇所の鐘がなる。二つなると他の二箇所の鐘も二つ鳴る。
大法要の用意をするように伝えているんでしょうか?
仏殿脇の鐘。

Photo_10

「梵鐘」の大きな鐘

Photo_11

仏殿の奥にある法堂(はっとう)の内部。 住職が仏に代わって須彌壇上で説法するためのお堂。千手観音菩薩を祀っている。綺麗にしてあるからして、ここで法要が行われるらしい。

Photo_7

法堂の脇で僧が集まっている。世間話をしていました

Photo_9

10時15分ごろまた、3箇所で鐘がなる。移動すると西来庵道場の方から沢山の僧侶が法堂に向かってくる。なんと沢山のお坊さん!

Photo_12
Photo_13

赤っぽい衣のお坊さんが一番偉いみたいです。

Photo_14

全員法堂に入る間、鐘が一つずつ撞いている。大法要がはじまる。

Photo_15

法要中、尺八と大きな太鼓の音のみが堂内に響く(カメラの音は別にして…)

Photo_16

たくさんの僧侶、そして粛々と大法要は進む

Photo_17
Photo_18

眠そうな小さな坊さん

Photo_22

法要は進む

Photo_19
Photo_20
Photo_21

11時5分、法堂での大法要は終わり、僧侶が出てくる。

Photo_23

法堂から続々出てきます。仏殿に向かいます。

Photo_24
Photo_25
Photo_26

御輿とでも言うのでしょうか?開山、蘭渓道隆の像が中に…。

Photo_27
Photo_28

仏殿に入り、ここでも法要だかがありました。

Photo_29
Photo_30

仏殿での法要も無事終わり、ここから更に方丈に行き「施餓鬼」が行われるようです。そちらには一般人は人数制限があり、入れませんでした。遠くからの画像を載せます。

Photo_31

ちょうど12時。お腹もすいてきた事だし、どこかでお昼にしますか…。

法堂の傍の蓮鉢のハス。

Photo_32

開山忌、わからないことばかりなので画像を沢山載せました。

追記

半増坊へ…境内奥の山の中腹に、建長寺の鎮守・半増坊大権現が祀られています。さらに細い道を登っていくと尾根道に出ます。展望台がありここからは鎌倉市街、相模湾や富士山が見れます。尾根道は鎌倉アルプスというハイキングコースになってます。

半増坊への道、背中に翼を持つ、たくさんのからす天狗の像。

Photo
Photo_2
Photo_3

半増坊

Photo_4

さらに登って尾根に出ると、展望台が…。そこからの眺め。建長寺が下に。

Photo_5

鎌倉市街と鎌倉の海。中央斜めの街路が若宮大路でしょう。

Photo_6

|

« 深川八幡祭り | トップページ | 初体験… »

コメント

▼o・_・o▼

建長寺の開山忌というのがあるのですね。
総門から山門を潜って、仏殿に・・
そして法要の様子・・・
建長寺を上から眺めて・・
中国生れの大覚禅師、ご苦労なさったでしょうね。
開山と開基?分からない(ノд-。)クスン 調べて見ます。
>ハイキングコースからここに降りてきても拝観料を取る
って(・_・;)_・;)・;);)) ナントッ!!
今日もウッテガエシさんの案内で鎌倉散策
楽しかったです。ありがとう♪(#^ー゚)v

投稿: suta | 2010年8月26日 (木) 午前 11時16分

こんにちは!
 建長寺の開山忌の行事が、厳粛に且つ、厳かに執り行われご様子を、お上手に取材をされていますね。。(@_@)
 総門、三門、仏殿等が、とても立派ですね。。
 僧侶達が、多いのにもビックリしています。。 
 可愛い小さな坊さんも、みえますが、将来は立派な僧侶になるのでしょうね。
 珍しい行事に感動しました。。
 蓮鉢のハス、百日紅が、綺麗ですね~~。。
 とても、素敵でした。
 有難う御座いました。^^)

投稿: みっちゃん | 2010年8月26日 (木) 午後 02時06分

こんばんは sutaさま

開山、開基については宗派によって意味が違うようです。
「禅宗では、開基とは、寺院または宗派を創立すること、あるいは寺院を創建した人や財力や権力をもって創建させた人を指します。
一方、開山とは、初代住職となった僧侶を指します。」インターネット、京都観光用語集による。
自分も、どう違うのかと思ってはいたんですが…。
宗教の用語は難しいですね。「施餓鬼」もわかっているようで、本当のことは分っていないし…(汗)。

尾根道はハイキングコースで沢山の人に出会いますが、皆、建長寺に降りていきません。降り口に「山からの人も入山料(拝観料)300円頂きます」とはっきり書いてあるからです。お寺さんのやることかな…と、思いますが。

コメント、有り難うございました。

投稿: ウッテガエシ | 2010年8月26日 (木) 午後 08時43分

こんばんは みっちゃんさま

そー、ほんとに沢山の僧侶が後から後から出てきてビックリしました。普段は全然見かけないですが道場で修業しているんでしょうね。
開山忌、私は初めてでしたが、何回か来ている人は何処がカメラポイントか知っていて集まっていました。
そんな人たちの傍にいればOKだったようです。
小さなお坊さんは眠そうであくびしていました。まだまだ修行が足りない…というのは可哀想ですね。
自分の意思でというより、生家がお寺さんなんでしょうね、多分。

コメント、有り難うございました。

投稿: ウッテガエシ | 2010年8月26日 (木) 午後 08時58分

おはようございます♪♪

建長寺・開山忌、・・・・・・。
素敵なショットと解説から、様子、雰囲気、伝わってきました。

由緒あるお寺なのですね。

居ながらにして、珍しいショットをいろいろ見せていただき、嬉しかったです。
見せていただき、siawase気分です。
楽しめました。
心和みました。
ありがとうございました。

いつも、コメント&応援ポチに、深謝です。

投稿: siawasekun | 2010年8月27日 (金) 午前 05時21分

こんばんは siawasekunさま

建長寺は何回も行ってますが、開山忌は初めてです。
8月24日(旧暦では7月24日のようです)が命日で、開山・蘭渓道隆師の大法要が23日~24日にかけて行われました。建長寺派の僧侶が全国から来ていたようです。
「霧(もや?)の山で出会った、ウグイスの姿」拝見しました。凄いモヤですね。伊吹山ですか?
墨絵の世界のようでとても魅力的でした。
勿論、ポチ入れてきました!

コメント、有り難うございました。

投稿: ウッテガエシ | 2010年8月27日 (金) 午後 08時29分

ウッテガエシさん

昨日も、私の拙いブログで、「ヤマガラの姿」などを見て、嬉しいコメント、ありがとうございました。

また、応援ポチに、心より、恐縮、恐縮、深謝、深謝、深謝です。。


投稿: siawasekun | 2010年8月29日 (日) 午前 02時55分

ウッテガエシさま
おはようございます。
建長寺の、開山忌は初めて見ました。
昨年、此方のお寺でも開山忌が行われましたが
これほどの、僧侶が揃ってのは驚きですね~
お寺参りが好きで、四国88か所や小豆島などの88か所
参りは何度もしていますが流石に規模が違いますね~
見せて頂き、ご利益があったかな?
解説から、様子や、雰囲気が良く解りました。
ありがとうございました
合掌

投稿: | 2010年8月29日 (日) 午前 05時58分

こんにちは siawasenkunさま

「どこか親しみを感じる(?)ホオジロの姿」拝見しました。I山、凄いガスの中ホオジロが凛々しい。
大きな口を開けた瞬間、今まさに飛び立ったところ、素晴らしかったです。
I山からの下界の眺めと雲の色が印象的でした。

投稿: ウッテガエシ | 2010年8月29日 (日) 午前 10時08分

こんにちは 啓さま

開山忌は初めてです。あんなに沢山お坊さんがいたとはビックリで、私もはじめて見ました。
建長寺は臨済宗建長寺派大本山で、全国から同派の僧侶が来ていたと聞きました。
啓さんはお寺巡りが好きなんですか。
八十八ヶ所巡りをするなんて、凄い!
小豆島にも88箇所巡りあるんですか、初耳です。
それを何度かするとは!

閉じているブログに押しかけて申し訳ありません。
そろそろ啓さんも再開し、ゆっくり更新なさったらどうでしょうか。
そしたら押しかけて行きますよ…(笑)。

投稿: ウッテガエシ | 2010年8月29日 (日) 午前 10時35分

ウッテガエシさん
おはようございます♪♪

昨日も、私の拙いブログで、「メジロの姿」などを見て、嬉しいコメント、ありがとうございました。

また、応援ポチに、心より、恐縮、恐縮、深謝、深謝、深謝です。。

投稿: siawasekun | 2010年8月31日 (火) 午前 04時41分

(◎´∀`)ノこんにちは~ウッテカエシさま~♪

猛暑の中早朝から出かけられたのですね!
建長寺~開山忌
立派な法要ですね!
総門、三門、仏殿~梵鐘も立派ですね~
それにしても沢山のお坊様、各寺から集まって来られたのでしょうか?修業僧でもなさそうですし!。
小坊主さんは可愛いですねぇ^^。
仏教のことはチンプンカンプンのつれづれにですぅ。
ブログをしだして自分でも歴史ある神社仏閣の
を訪ねてその素晴らしさに驚きと憧憬を感じています。沢山の画像を有難うございました。

投稿: つれづれに | 2010年9月 1日 (水) 午後 03時32分

こんばんは siawasekunさま

「意外、今時のウグイスの姿」に行ってきたとこです。
ウグイスは「声はすれども姿は見えず」でまず、写真撮れた事ありません。
飛翔の瞬間も見れてよかったです。

投稿: ウッテガエシ | 2010年9月 2日 (木) 午後 10時16分

こんばんは つれづれにさま

凄い猛暑でした…(笑)。
建長寺は若い頃から何度も行ってます。広々として明るい感じがして好きなお寺です。
開山忌があるなんて知りませんでした。
沢山のお坊さんは同派の各地のお寺の僧侶だとか。
宗派の初代の命日の法要なら納得でした。

北鎌倉の駅前の円覚寺の開山忌にも行ってこようかと思っているところですが…。

コメント、有り難うございました。

投稿: ウッテガエシ | 2010年9月 2日 (木) 午後 10時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 深川八幡祭り | トップページ | 初体験… »