2008年10月29日 (水)

陽炎の辻2

 NHKの『陽炎の辻2』もあと四回になってしまった。なんとなく寂しい。次回では終に、磐音とおこんが婚約するはこびになりそうだ。原作でもそうだし。 (お互いに好意を持ち、それを知りつつも自分からは言い出せず、周囲をやきもきさせながら、事件が起こり物語が進んでいく。そして磐音もいつまでもウナギ裂きや用心棒の仕事をして糊口を凌ぎ、裏長屋住まいをしていく。)それが続いていくのが理想なのだが、それは一視聴者の希望であって、脚本家も原作を大幅に逸脱はできないのだろう。(藤原緋沙子の『隅田川御用帳』の十四朗とお登勢の関係がそれで、この二人はいつまでも結ばれないような気がする。男として、確りした仕事を持ち、将来の生活の保障ができないと、
好きでも求婚などできないしな!しかし、作者はいずれ一緒にするでしょうね。)TVの30分番組は忙しい。確かにテンポはいい。と、言うより、よすぎる!『江戸』時代劇の『間』や『余韻』が今一つ。ちょっと、二人のからみがあっさりしているかな?それにしても、磐音の山本耕史はいい男過ぎると思う。(ちょっとやっかみか?)中越典子のおこんさんは良いですね。美人で目が生き生きしている。深川娘で『今小町』のおこんさんはこうゆう人だと納得です。毎週土曜日、楽しみにしています。作者の佐伯泰英は精力的に執筆してますが、嬉しい限りです。もう一人のお気に入りの作家藤原緋沙子、今一つ筆が遅い。体調くずしてないか、心配です。隅田川御用帳、橋廻り同心、藍染袴、他にもシリーズもの書いていて、ネタ探しなど大変なのでしょうか。どのシリーズでもいい、続きを早く読みたい!と思う今日この頃です。

| | コメント (0)